ミノキシジル

未分類

フィナステリドが飲み薬であるのに対し、ミノキシジルは塗布薬です。はじめは飲み薬である降圧薬として開発されたものですが、副作用として多毛症がよく起こることを理由に塗布薬としての臨床試験が行なわれて、脱毛症に効果があることがわかりました。

フィナステリドは髪が抜ける、薄くなることを防ぐことが目的の薬ですが、ミノキシジルは髪の成長速度を上げるという効果効能があります。なお、ミノキシジルは塗布薬であると説明しましたが、個人輸入を利用することにより飲み薬であるミノキシジルタブレットを入手することが可能です。

また、塗布薬のミノキシジルには市販薬と処方薬の2種類があります。後者のほうが濃度が高いのが特徴であり、市販薬の濃度ではいまいち効果がなかったという人も、医療機関で処方されるミノキシジルで違いを実感できる可能性があります。

なお、フィナステリドにもいえることですが、ミノキシジルは使用をやめると効果がなくなってしまいます。しばらくするとまた髪は薄くなっていってしまうため、太く長い、フサフサの髪を維持するには治療薬を使用し続ける必要があります。また、せっかく治療薬を使用していても、髪に良くない生活習慣になってしまっていると、効果が半減してしまうことになりかねません。

Previous
フィナステリド

アーカイブ

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31