AGAの症状と原因

未分類

日本では1,000万人以上がAGA(エージーエー)になっているといわれています。AGAは男性型脱毛症ともいい、前頭部の生え際が後退したり、頭頂部のボリュームがなくなったりするのが特徴です。髪の抜ける本数が多くなった、髪の太さがなくなった、髪が伸びない、頭皮が透けて見える、ヘアスタイルを整えにくくなった、地肌が脂っぽいという症状がある人は、AGAを引き起こしているかもしれません。

なぜAGAになってしまうのか、原因を知りたいと思っている人は多いでしょうが、おもな原因としては男性ホルモンと酵素の影響をあげることが可能です。男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによって、別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結び付くことにより、ヘアサイクルに狂いが生じて髪の成長期が終わってしまいます。こうなると髪は太く長く育つ前に抜けてしまうようになり、次第に細く短い髪が多くなり、薄くなっていることが際立ってくるようになるのです。

そのほかの原因としては、ストレスや遺伝をあげることもできます。ストレスは自律神経やホルモンバランスを狂わせて、血行不良による毛根への栄養の供給不足で、髪の成長を阻害します。遺伝は還元酵素の作用の強さ、ジヒドロテストステロンの影響の受けやすさを受け継ぐ可能性があります。

とくに遺伝といわれると諦めてしまいたくなる人もいるでしょうが、AGAには治療薬があります。おもなものの特徴を別のページで紹介しますので、興味のある方はチェックしてみてください。

Next
フィナステリド

アーカイブ

2016年9月
    10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930