ミノキシジル

未分類

フィナステリドが飲み薬であるのに対し、ミノキシジルは塗布薬です。はじめは飲み薬である降圧薬として開発されたものですが、副作用として多毛症がよく起こることを理由に塗布薬としての臨床試験が行なわれて、脱毛症に効果があることがわかりました。

フィナステリドは髪が抜ける、薄くなることを防ぐことが目的の薬ですが、ミノキシジルは髪の成長速度を上げるという効果効能があります。なお、ミノキシジルは塗布薬であると説明しましたが、個人輸入を利用することにより飲み薬であるミノキシジルタブレットを入手することが可能です。

また、塗布薬のミノキシジルには市販薬と処方薬の2種類があります。後者のほうが濃度が高いのが特徴であり、市販薬の濃度ではいまいち効果がなかったという人も、医療機関で処方されるミノキシジルで違いを実感できる可能性があります。

なお、フィナステリドにもいえることですが、ミノキシジルは使用をやめると効果がなくなってしまいます。しばらくするとまた髪は薄くなっていってしまうため、太く長い、フサフサの髪を維持するには治療薬を使用し続ける必要があります。また、せっかく治療薬を使用していても、髪に良くない生活習慣になってしまっていると、効果が半減してしまうことになりかねません。

フィナステリド

未分類

AGAの代表的な治療薬としては、フィナステリドをあげることが可能です。フィナステリドは治療薬の成分名であり、AGA治療の飲み薬に配合されています。このフィナステリドですが、AGAに対してどのような効果効能を発揮してくれるのでしょうか?

AGAのおもな原因に、男性ホルモンと還元酵素の影響があります。還元酵素の5αリダクターゼが男性ホルモンのテストステロンを別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換、そしてジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することによって髪が薄くなっていくという深刻な問題を起こします。フィナステリドはテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼのはたらきを抑制する効果効能を発揮してくれます。還元酵素の作用が阻害されることにより、ジヒドロテストステロンが生み出される量が減少し、成長期が終わり休止期に変わってしまう髪が少なくなるのです。

なお、フィナステリドは別のページで紹介するミノキシジルとの併用で、抜けるのを防ぐだけでなく髪の成長を促進することが可能になります。医療機関でのAGA治療でも、フィナステリドとミノキシジルを併用する治療方法を採用しているところは多いです。

AGAの症状と原因

未分類

日本では1,000万人以上がAGA(エージーエー)になっているといわれています。AGAは男性型脱毛症ともいい、前頭部の生え際が後退したり、頭頂部のボリュームがなくなったりするのが特徴です。髪の抜ける本数が多くなった、髪の太さがなくなった、髪が伸びない、頭皮が透けて見える、ヘアスタイルを整えにくくなった、地肌が脂っぽいという症状がある人は、AGAを引き起こしているかもしれません。

なぜAGAになってしまうのか、原因を知りたいと思っている人は多いでしょうが、おもな原因としては男性ホルモンと酵素の影響をあげることが可能です。男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによって、別の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に変わり、このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結び付くことにより、ヘアサイクルに狂いが生じて髪の成長期が終わってしまいます。こうなると髪は太く長く育つ前に抜けてしまうようになり、次第に細く短い髪が多くなり、薄くなっていることが際立ってくるようになるのです。

そのほかの原因としては、ストレスや遺伝をあげることもできます。ストレスは自律神経やホルモンバランスを狂わせて、血行不良による毛根への栄養の供給不足で、髪の成長を阻害します。遺伝は還元酵素の作用の強さ、ジヒドロテストステロンの影響の受けやすさを受け継ぐ可能性があります。

とくに遺伝といわれると諦めてしまいたくなる人もいるでしょうが、AGAには治療薬があります。おもなものの特徴を別のページで紹介しますので、興味のある方はチェックしてみてください。

アーカイブ

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031